生徒獲得の目的

教室のホームページ作成の先に生徒獲得の目的があるなら大事なことがある

教室と呼ばれる施設を運営しているのなら、課題となることの1つは生徒数を多くすることであると考えられます。生徒数が多くなるほどに教室の収益が向上し、さらには評判をきっかけに生徒と親しい人が新規に学びに来てくれる確率も低くはないからです。そのためには集客に注力する必要がありますが、実践できる方法は多岐にわたります。

街頭で声をからしながら教室をアピールしたり、各家庭のポストに広告を投函することも手です。その一方、現代社会の事情に即しているのはホームページ作成であると言えます。ホームページ作成であれば、一度でも作成して公開したコンテンツは時間や場所を問わず多くの人から閲覧されます。自らが足を動かして宣伝する必要がないため、教室運営に集中することができます。

言わずもがなの内容ばかりを載せたホームページ作成を行っても、閲覧者の心を動かすことはできません。教室に特有の情報を提供してこそ、ホームページ作成に取り組んだ成果が出ます。一例としては、生徒が何かを学ぶ上でゴールとなることをホームページ作成で定めます。

特定の資格試験の合格や高難易度の作品を完成させることなど、学ぶべき対象に応じた目標を決めます。それをホームページ作成で生み出されたページに掲載することによって、閲覧者は目的意識を持つようになります。結果として、目的を達成させるために問い合わせが行われたり訪問してくることが考えられます。この時点で生徒となる確率は高いと言えるので、ともに学ぶ仲間として迎え入れるためのトークに熱を入れる必要があります。

どのような人も受け入れるスタンスで教室運営を行っているところでも、そこで学びたいと考えている人は敷居が高いと感じることが多いです。未経験のことを教えてもらう事実に不安を感じているだけではなく、担当者の人柄も未知数で相性が合うか否か判断しかねることも要因です。そんな見込み生徒の不安を払拭させるために、ホームページ作成ではスタッフの日記やコラムを掲載するスペースを設けることが効果的です。ホームページ作成ではスタッフの人柄の理解が進む文章コンテンツを作っておくと、それを見た人は教室で学び始めるか否かの判断を下すことができます。スタッフの人柄を深く知ることができ、長く続けられるか否かの参考になるからです。

ホームページ作成は、生徒を獲得することを目的にしなければなりません。この目的から逸脱したホームページ作成は、費やした時間が無駄になってしまうと言えます。”